Surface Pro(5)を導入! 代替液タブとして使えるか?

投稿日:2018/03/29 18:32
カテゴリー:近況報告

どうもこんにちは~。

先日の第9回うでぃおふにそれまで使っていたノートパソコン(東芝のDynaBook)を持ち込んだんですが、なんとLT用のPCとして準備を進めている間に電源が切れていることに気づいて、電源ボタンを押すもうんともすんとも言わなくなりました。

そう、そのときにはヤツはすでに死んでいたのだ・・・

いや率直ウッソだろ・・・って思いました・・・
普通パソコンが死ぬのってだいたい処理の調子がおかしくなって、USBが認識しなくなったりキーボタンが剥がれたりとか、ソフト的にもハード的にもそれなりの段階があるはずです。

それが今回ぽっくりと・・・(´・‸・`)
今回はまだ購入して2年半だったし、物損でもしない限りそんなっていう・・・

だいたいHDDあたりを怪しむんですが、なんと今回生きていることを確認した電源コードを指しても充電ランプ等に反応がない・・・(*´・ω・)
つまりマザボレベルで死んでる可能性が高いということに。。。

ノートパソコンいるのか?ということで、修理に出しても高く付きそうだし、いろいろあって買い換えることにしました。(o-∀-)

・モバイルPCがないと帰省時に自分のパソコンがなくなる。パソコン依存症の僕にはつらひ(‘、3_ヽ)_
・ちょっとネットサーフィンしたりする程度でゲーミングPCを動かすのはなんか億劫(´・‸・`)
・最近手持ちのゲーミングPCも挙動が怪しい(6年目)(*´・ω・)
・持ってるPCが1台だと、ファイルロック型のウィルスに感染したときに、オンラインストレージ上のバックアップデータも死ぬ。(オフラインの2台目があるとそいつがバックアップになる)
・この唯一のゲーミングPCが死んだとき、僕も(精神的に)死ぬヾ(@╹◡╹)ノ"

とかいろいろ考えていると、客観的費用対効果はともかく、持っている方がメリットが多そうなので持っておくことにしました。

ノート・タブレット(持ち運び容易な)PC選定じゃあ買うかーとなったときに真っ先に思い浮かんだのが、ウディタ仲間のH氏が使ってたASUSのTransBook?が思いつきました。安くて高機能な2in1タブレットPCなので、10万程度で前と同等以上のスペックを有しながら、モビリティが前よりアップしてるのがいいなーと。

ちなみに僕の中では割と最初から2in1で絞ってました。というのもうでぃおふとか、帰省とかで結構持ち歩くんですが、それまでのPC本体、PCケースとかのデカさと重量が結構あるんですよね・・・w
なのでデスクトップもあるし、ここはモビリティ重視で行こうかなーと思ったり。

ただTransBookは前に調べたときに結構耐久面で難があるという話があったんですよねぇ。
今回DynaBookがなんの予兆もなく唐突に死んだだけに、ちょっとそういう不安要素は除去したかったんですよねぇ[壁]ω・`)

不幸中の幸いとでもいいますか、ちょうど年度末のシーズンだったので決算セールのおかげで、普通なら予算オーバーのSurfacePro(俗に言うpro5)が候補に上がりました。
いろいろ迷った結果、SurfacePro(i5 8GB 256GB)+(最新の純正タイプカバーとペン)という組み合わせにしました。
ホントはメモリ16GBがほしかったんですが、そのバージョンは自動的にSSDも512GBになって、CPUもi7のものしかなくて、値段が軽く10万くらい上がってしまうので即却下でした・・・。

ぶっちゃけタイプカバーも高いし、適当なワイヤレスで代用しようかなとか、もしもこれ代替液タブとして使えなかったらペン無駄だなとか思いましたが、結論から言うと揃えてよかったと思います(  ̄∀ ̄)ゞ

ただし私の財布が死にました。明日からもやし生活です(´・ω・`)ショボーン…
でももやし結構美味しいです

使ってみた感想やっぱり高いだけあるわ・・・と思いながら使ってます。
ファンレスなので、特に夏場の排熱が心配ですが、今の所ブラウザゲーをガンガン回したりしても普通に大丈夫そうです。

実は以前SurfaceBookを使う機会があったのですが、あのパソコン普通に電源に接続して使用しているだけで本体の画面が低温やけどしそうなくらい熱くなってたんですよね・・・。
なので排熱に関しては結構心配だったのですが、心配ご無用なようでした。

ゲーミングPCの方はファンのカスタマイズをしていないので結構排気音がうるさいんですが、このパソコンそもそも音がほとんど出ないので、かなり静かな環境で作業できます(*´ー`)



ただちょっとよくわからないのは、なぜペンの取り付け位置を画面左側にしたのか・・・
普通右利きが多いので右側においたほうがいいのではと・・・(細かいですが

あとタブレットとして(キーボードを畳んで画面をタッチして操作する)使用するのは遠慮しようかなという印象でした。そもそもこれ持ちにくい!
iPad程度の大きさなら片手で持てるのでいいのですが、12.3インチという大きさと重さになると、手先だけで持つというよりは腕で支える形でやらないと不安ですし疲れます。そしてタイプカバーを反対側に回したりするときに、磁石で吸着されているタイプカバーが勢いで自重で落下しました。慣れといえばそうですが、慣れるほどそういう使い方をしないといけないわけでもなく・・・

あとタイプカバーがpro3のときに樹脂の表面だったのがいつの間にか毛がついたものになってたんですね。
これについて、触り心地は確かにこっちのほうがいいのではと思いますですが、長いこと使っていると黒ずんでも綺麗に掃除できるか不安ではありますね・・・

代替液タブとしては?最新のSurfaceペンでは、Surfaceを代替液タブとしては使えそうだなという印象でした。
これもSurfaceBookのときの経験ですが、当時のペンでは傾きによる補正がなく、保護フィルム無しでもずれが明確にあって、書き心地はなかなか芳しくない感じでした。
すぐに「あ、やめよう」ってなりました。

でも今回は保護フィルムにガラスフィルムを貼った上でカキカキしても、前に感じたような大きなズレは感じないようになっていました。応答速度も申し分なく・・・


えりぃしゃん


早速描いてみました。最近リアルが激務だったが腕はそこまで衰えてない・・・と信じたい。
クリスタ自体の環境設定も移植できてなかったんですが、30分程度でざっくりこんな感じで描けました。

最初は画面を最大まで倒して、その後少し起こして書いてみました。
というのも、当然キーボードは画面の手前に位置してるので、左手を添えて前傾姿勢で奥の画面に右手を伸ばすと、左手首の可動域的に苦しいんですよね・・・w
キックスタンドが結構固めなので、画面をある程度起こした状態でも、倒れることもなく、パソコン自体も滑って動いてしまうこともなく、いい感じに描けました。

キーボードを分離してペンみたいにワイヤレスで使えたらいいのにね(´・ω・`)ショボーン…



ただペンに側面ボタンが一つしかないんですよね。
それまで僕が使っていたペンタブは、側面に2つボタンがあったので、片方をアンドゥ(やり直し)、片方をホールドで消しゴムに割り当ててました。

と言っても最近は消しゴムの代わりに透明の色に切り替えて、実質消しゴムとして運用したり、左手はキーボードでキャンパスの回転や移動のために添えているので、そこでアンドゥしたりもできるので、ペンは描くことだけに集中させてもそこまで支障なかったり・・・。

とはいえアンドゥをペンの方でワンボタンでできるのは大きいので、この一つのボタンをそれに割り当てられないか今度試してみようかなと。

まとめぇそんなこんなで、無事優秀な新しい相棒がやってきましたとさ・・・
代替液タブとして使えるのは、帰省時などで荷物を省略できますし、机に広げるときも省スペースできてとてもよいですね!

USBが1つしかなかったりするので、ハブを買おうか悩み中。
普通に考えたら必要だけど、でも現状でも一つも使ってないので、あえて用意する必要もあるかなーと悩みながら・・・。

またこいつで本格的なイラストを1枚描いてみようかな(*´ー`)

△トップへ戻る